​アクティビティ・セッション

イベントに関して:詳細は変更する可能性があります。
NEWSページの方で新着情報をお知らせいたしますのでそちらをご確認しますようお願いいたします。

日本や世界には様々な太鼓のスタイルが存在しています。今回のWTCではカンファレンスでよくみられる、講座やワークショップ形式ではなく、「アクティビティ」という活動で参加者同士の交流を深める事を目標に企画しています。

このような「アクティビティ」では「ファシリテーター」が進行役となり、参加者の気づきや学び、相互理解を促し、太鼓の魅力を伝えるためのサポートをします。

太鼓大会の参加者は以下のA、B、 Cの3つのアクティビティに参加できます。

アクティビティ種類

【アクティビティ A】

定員:10名程度

内容:参加者同士の交流を深める時間。

少人数のグループで太鼓を奏でたり、語り合うことでアクティビティの時間を通して参加者同士の交流を図ります。

アクティビティ B】

定員:30名程度

内容:日本の伝統芸能を学ぶ時間。

アクティビティ C】

定員:30名程度

内容:

テーマを元に太鼓や打楽器を使ったジャムセッション。様々な国の参加者がリズムや音を五感で感じ、楽しむ時間。

参加方法 (流れについて)

参加者は3つのうちの一つのルートに割り当てられ、全員が大会期間中、合計3つのアクティビティに参加しています。

参加者のスケジュール​

ルート1:アクティビティA → アクティビティB  アクティビティC

ルート2:アクティビティB → アクティビティC → アクティビティA

ルート3:アクティビティC → アクティビティA → アクティビティB

・アクティビティに申し込みをされた方は、ランダムに10名程度のグループに分かれ複数のルートで3つのアクティビティに参加します。

 

ファシリテーター紹介

​近日公開!お楽しみに!

©World Taiko Conference Committee 

主催: WTC実行委員会

ウエブ内写真の著作者:日本太鼓財団、North American Taiko Conference、European Taiko Conference